• ホーム
  • ご購入方法
  • カタログ
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 販売済作品
  • アンティークレッスン
  • ソレイユメンバーズルーム
  • 最新情報のお知らせ
  • 為替による価格の変動
商品詳細

MARCHAK 総オニキス シガレットケース エメラルド 皮のオリジナルケース付き







1878年、初代ジョセフ・マルシャックが24歳の時に創業した

MARCHAKのサインドピースです、

マルシャックはロシア系のフランスの宝石店で、

ファベルジェのライバルとされ、キエフのカルティエとも呼ばれた有名なメゾンです。




マルシャック 家




マルシャックは技術の高い職人を多く雇い、仕事をする上で最高の環境を整えることで、

優れた作品を生み出し、

20世紀にはマルシャック の成功は最高潮を迎え

多くの賞を受賞します。


1900年 パリの万国博覧会 銀賞

1902年 サンクトペテルブルグ国際芸術展覧会 金賞

1905年 リエージュ万国博覧会 大賞







A.MARCHAK  

4 RUE DE LA PAIX. PARIS


この品物には、

初代のジョセフ・マルシャックが1918年、64歳で亡くなった為に

メゾンを引き継いだアレクサンダー・マルシャックの名が刻印されています。



アレクサンダー・マルシャックは、父ジョセフの死後、激動のロシア革命の中、

家族とともにパリへ逃げ延びました。

アレクサンダーは既にパリで留学の経験があり、フランス語に通じていたことや、

マルシャック の名も知れわたっていたこともあり、優れた手腕で成功を収めます。





1922年にはポール・イリべの宝石デザインを世に出したことで名高い

ロベルト・リンツラーと提携し、「リンツラー・マルシャック 」として、

デザイン、職人の技能、専門知識、全ての優れた高品質のジュエリーを作り、

1925年、パリの現代産業装飾芸術国際博覧会ではカルティエを抑えグランプリに輝いています。






ロベルト・リンツラー  

ギャラリー







1930年代になると、マルシャックは美しいアールデコジュエリーの他にも

上流階級の女性が使う贅沢で美しいシガレットケース、

化粧用のコンパクトなども作っており、

このお品物も当時の高級品として作られたシガレットケースです。



大きなオニキスを丸ごと刳り抜いて作った大変手間のかかった贅沢なオブジェで、

オニキスを割らずにケースの内側を彫り進めて磨くのは

大変だったと思います。


アールデコらしい、シンプルながらキリッとしたデザインの金具には四角いエメラルドが

ポイントで留められています。



シルバー製のシガレットケースは見かけますが、

総オニキスという贅沢なシガレットケースはなかなか見ることができません。

作られてから約100年経過していますが、

欠けやヒビなどダメージはなく、蝶番や留め金も含めて

とても良いコンディションを保っています。



オリジナルの深いエメラルド色の皮のケースがついていますので、

バックの中に入れておいても傷がつきにくいですし、

手から滑り落ちることも防げます、

今でもお使いいただける、実用性の高い美しいアンティークオブジェです。




















オリジナルの皮のケースは表面が滑らかになっており、手にすっとなじみます。

オニキスはスベスベに磨かれている為に触り心地が良いです。


贅沢で格好いいデザインのシガレットケース、

どのような女性が使っていたのか、このお品物にはどんな歴史があるのか、

想像するのが楽しい小物です(^-^)


 

MARCHAK 総オニキス シガレットケース エメラルド 皮のオリジナルケース付き

税込価格 6,000€ =¥728,000

(為替による価格の変動について)

この作品の問い合わせ この作品のご予約
ご購入の流れよくあるご質問
国名
フランス
年代
1920年〜1925年頃
素材
オニキス エメラルド ホワイトゴールド
サイズ
シガレットケース9.5cm × 5.2cm 皮のケース 8.2cm × 5.6cm
コンディション
素晴らしいコンディションです、皮のケースに擦れ、色落ちが見られます。
ホールマーク
鷲のホールマーク、1128のナンバーが刻まれています。
作者
MARCHAK

ページトップ