• ホーム
  • ご購入方法
  • カタログ
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 販売済作品
  • アンティークレッスン
  • ソレイユメンバーズルーム
  • 最新情報のお知らせ
  • 為替による価格の変動
商品詳細

豊穣の女神のピアス 大粒シトリン ゴールド フランス 1830年頃




大粒でこぼれ落ちそうなシトリンをあしらったフランスのゴールドピアス、

1830年頃の古く希少なお品物です。


特に、この年代のフランスではシトリンは希少価値のある石として

ジュエリーに仕立てられますが、

ここまで大粒のシトリンを使ったピアスは珍しく、

シトリンは表も裏も膨らんだボリュームのあるカットです。





深みのある濃い橙色をしており、表も裏も綺麗に輝き、

香り高い果実のような、全体に醸し出される豊かな雰囲気にうっとりします。



ゴールドジュエリーとも相性が良いので、大型のピアスですがコーディネートしやすいと思います、

シンプルなゴールドロングチェーンなどに合わせてもバランスが良いでしょう。

石の色も透明度に優れているので、肌馴染みが良いです。

合計で10gと重みがあるので、揺れ方もゆったりとしており、

存在感があります。





1830年頃の金が高価だった頃の作品ですから、

使われている金の量は僅かですが、果実を包み込む葉のような金の彫金がシトリンが留めていたり

金の細工など大変美しいです。


このようなデザイン性の高いアンティークピアスは希少です、

豊穣の女神が身につけているような素敵なピアスだと思います。












 

豊穣の女神のピアス 大粒シトリン ゴールド フランス 1830年頃

国名
フランス
年代
1830年頃
素材
シトリン 18k
サイズ
5cm×1.4cm 10g
コンディション
素晴らしいコンディションです。
ホールマーク
18kの鷲のホールマークと思われますが、磨耗しているマークが打ち込まれています。

ページトップ