• ホーム
  • ご購入方法
  • カタログ
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 販売済作品
  • アンティークレッスン
  • ソレイユメンバーズルーム
  • 最新情報のお知らせ
  • 為替による価格の変動
商品詳細

Giuliano ジュリアーノ ルネサンスリヴァイヴァル Black&White エナメル ダイヤモンド ネックレス




この見事なネックレスは

19世紀を代表するジュエラーの一人であるジュリアーノによって、

ルネサンスの宝飾品にインスピレーションを受けて作られた

ルネサンスリヴァイバルのジュエリーです。


金属で出来たレースのような極細の透かし細工に白黒のモノトーンのエナメルが施されており、

エナメルの大変細かな仕事に圧倒されます。


宝石はさりげなく小さなダイヤモンドが散りばめられており、

エナメル細工との上品なハーモニーを感じます、

エナメルが本当に素晴らしいので、ダイヤモンドが脇役になっており、

宝石に頼らずとも美しい佇まいに心打たれます、

職人技が光る大作でありながら、落ち着いた色味の合わせやすく使いやすいネックレスでしょう。



ジュリアーノ作品は希少で数が残っておりませんが、

極めて僅かなエナメルの欠けがあるのみでコンディションも大変良いお品物です。



このページには写真を沢山掲載しています。

今回ご紹介しているお品物は専門書にも類似作品が掲載されており、

その資料もご紹介しておりますので、

ぜひ最後まで解説をご覧くださいませ(^-^)





6連の小さな天然真珠がゆったりと首に沿うエレガントな作り。





実に見事なエナメル細工です、

白黒二色のエナメル使いで、複雑な模様をとても細かく乱れなく描いており、

ここまで拡大しても荒さが全く見えないのが本当に素晴らしいと思います。


ダイヤモンドもエナメルの模様に沿ってさりげなく止められていて、

あくまでのエナメルを引き立たせる脇役です。

美しい天然真珠が揺れるように下げられています。


僅かにエナメルの欠けが見えますが、実物は細かすぎて全然目立ちません

100年以上前のアンティークとして普通のコンディションになりますが、

ご希望の場合は職人に修理をさせることができます。






メインパーツと真珠をつなぐ金具にも見事なエナメル細工の金具が取り付けられています。

ペンダントと金具の取り外しはできません。







ペンダントと金具をつなぐ小さなパーツにもエナメルが施され、

全体の雰囲気を壊しません。








拡大しても乱れのない美しいエナメル細工に圧倒されます。






小さな天然真珠が6連につながっています、

右側のチェーンはセーフティーチェーンになります、

参考作品にもついているセーフティーチェーンです。




裏面






全ての金具の裏面には C & A G  の刻印が刻まれています。





クラスプ左右の飾り金具も素晴らしいクオリティです。

アップスタイルにした時にも金具の美しさが際立つ作りです。













特殊な形の留め金で着脱が出来るようになっており、

小さなクラスプより使いやすいです。






ボックス入りですが、

元々のオリジナルボックスは残念ながら紛失していると思われます。

この箱は後の年代に、このネックレスに合わせて

作られた古いボックスでしょう。




ルネサンスリヴァイバルのジュエリーですので、

本物のルネサンスのジュエリーや、絵画、ジュエリーのデザイン画等も参考にご覧ください。




The walters art museum 

ルネサンス エナメル エメラルド ネックレス

1550年〜1600年頃



The British Museum 

The Grenville Jewel

1635年〜1640年頃




ハンス・ホルバインによるルネサンスジュエリーの細密画

1532年〜1543年



Maria (di Cosimo I) de' Medici

Agnolo Bronzino

1551年



Eleonora di Toledo col figlio Giovanni

Agnolo Bronzino

1545年



Portrait of a Young Woman (detail),

Nicolaes Eliasz. Pickenoy

1632年



今回ご紹介をしている作品は、

ルネサンスのジュエリーのスタイルをそのまま取り入れるのではなく、

色々なルネサンス芸術の雰囲気をジュエリーデザインに上手く取り込み、

時代に合わせて昇華させたデザインと言えると思います。



そして、このジュエリーは、、、




参考図書
Les bijoutiers Castellani et Giuliao 



ジュリアーノの専門書にも同タイプの作品が掲載されています。




資料掲載品はペンダント部分のデザインはほぼ同じですが、

他のエナメル細工のデザインが僅かに違います。



専門書掲載品以外にも

今回ご紹介をしている作品の類似参考作品を掲載いたします。



このネックレスのデザインは、大まかなスタイルは変わらないものの、

ペンダント部分やエナメルの金具、真珠の大きさ、使われている宝石など、

細かな部分を僅かに変えていくつかのパターンが作られています。








参考作品
ヴィクトリア&アルバート美術館所蔵

ゴールドがメインのタイプ、ダイヤモンドも大きめの物が使われています。

セーフティーチェーンもゴールドです。





こちらはペンダントのデザインが違いますね、




こちらはエメラルドがセットされていますが、

コンディションが悪く壊れているようです。






ペンダント部分のデザインはほぼ同じですが、ルビーがセットされています。




Giulianoの創始者であるカルロ・ジュリアーノ(Carlo Giuliano)は

ナポリからロンドンへ渡り、ルネサンスリヴァイヴァルのジュエリーで大成功を収め

ピカデリー115番地へ店を構え、19世紀を代表するジュエラーの一人となります。


1895年にカルロが死去すると、彼の息子であるカルロジョセフとアーサーアルフォンスが

ジュリアーノを引き継ぎ C & A Giuliano となります。




Carlo Giuliano 作 同タイプ ネックレス


今回ご紹介をしているのはカルロの二人の息子が手がけた C & A Giuliano の作品になりますが、

父であるCarlo Giulianoの時代から作られていたものと同タイプの作品になります。









☆ 動画も是非ご覧ください(^-^) ☆


ジュリアーノの大作でありがなら、

白黒のモノトーンで大変身につけやすいネックレス、

時を超えた美しさを感じます。


品質の割には大変お求めやすい特別な価格でご紹介をしており、

なかなかない機会かと思います。


実物をご覧に入れることもできますので、

ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Giuliano ジュリアーノ ルネサンスリヴァイヴァル Black&White エナメル ダイヤモンド ネックレス

税込価格 SOLD (価格はお問合せください)

(為替による価格の変動について)

この作品の問い合わせ
ご購入の流れよくあるご質問
国名
イギリス
年代
1895年頃
素材
ダイヤモンド エナメル 天然真珠 18k シルバー
サイズ
5.1cm×3.6cm 43cm 56.3g
コンディション
素晴らしいコンディションです。
ホールマーク
C & A Giuliano
作者
Giuliano

ページトップ