• ホーム
  • ご購入方法
  • カタログ
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 販売済作品
  • アンティークレッスン
  • ソレイユメンバーズルーム
  • 最新情報のお知らせ
  • 為替による価格の変動
商品詳細

CASTELLANI カステラーニ ゴールド ブローチ&ピアス



イタリアのジュエラー、大変希少なカステラーニのサインドピース、
考古学的様式のブローチとピアスのセットでとても使いやすいお品でしょう。

古代ジュエリーを思わせる繊細な金細工、宝石を使わずとも美しいジュエリーで、
キラキラと光る細かな金色の輝きと、細かな金細工の美しさに心奪われます。

カステラーニの歴史を少しお話しすると、1814年にローマで宝石店を開き、
1830年代初期までに考古学様式のジュエリーを作り始めていました。

1836年にエトルリアで古代遺跡が発掘されると、
教皇庁はそこで見つかったジュエリーを詳しく調べるようにとカステラーニに命じ、
さらに、カンパーナ公爵の膨大な古代美術のコレクションに接する機会も得ました。

カンパーナ公爵のコレクションは今は点在してしまっていますが、
当時は一箇所に揃っていたために、カステラーニは本物の古代ジュエリーを手に取り、
じっくりと研究する最高の機会に恵まれたのでした。

実際にカステラーニの製作した古代風ジュエリーは、今でこそ本物の古代ジュエリーとの違いがわかりますが、
19世紀には見分けがつかず、美術館に古代ジュエリーとして誤って収蔵されていたものもありました。

当時、カステラー二のデザインは大変人気があり、1867年のパリ万国博覧会では、
宝石商の「ほぼ全員」が考古学的様式の宝石をショーケースに展示していた程です。





手に取ると、古代ジュエリーの再現への情熱がひしひしと伝わってきます。
つや消しの質感も非常に細かく、実に柔らかく光を反射します、
宝石を使わずとも美しく、シックな佇まい、
柔らかな細い線で作り上げたような雰囲気で、
硬い金属でできている事が信じられないような質感です。



参考 こちらは大英博物館で展示されている紀元前5世紀のエトルリアのジュエリー。
このフィリグリーは細い金線からできており、
その他の部分は基本的に極小からの粒金でできています。





本物の古代ジュエリーと金の質は違いますが、
古代のジュエリーに似せた作品を作る事ができるよう、
よく研究して作られています。

砂金を敷き詰めたようなざらついた表面の質感や、
小さな流金、細い拠り線が、とても細かく輝き美しいです。
金という素材の可能性を改め感じさせてくれます。



裏面にはカステラーニの刻印があります。





こちらの本に類似作品が掲載されています。



参考 今回ご紹介しているブローチ&ピアスと類似のゴールドブローチ



参考 今回のような、丸いブローチとピアスのセット。



着用写真があまり綺麗に写っておりませんが、
丸い形のブローチとピアスのセットですので、宝石を使っておりませんので、
本当に使いやすいデザインです。

耳元、胸元に金の繊細な輝きを添えてくれます。
ドレスにもカジュアルにも気軽にお使いになれる
サインドピースの希少なジュエリーでしょう。

「価格はお問い合わせください」となっておりますが、
カステラーニをこの価格で紹介をしてしまってもよいのだろうか、、という意味での
「価格はお問い合わせください」です(^-^)

パリで小回りの効く買い付けをしており、
パリで直接オーナー様から買い付けをすることができましたので、
お値段は驚くほどお求めやすくなっております、
お気軽にお問い合わせください。

CASTELLANI カステラーニ ゴールド ブローチ&ピアス

税込価格 SOLD (価格はお問合せください)

(為替による価格の変動について)

この作品の問い合わせ
ご購入の流れよくあるご質問
国名
イタリア
年代
1860年
素材
18k
サイズ
ブローチ3cm ピアス2cm 11.6g 6.8g
コンディション
金細工の一部に極めて小さな破損がみられます。
作者
CASTELLANI カステラーニ

ページトップ