• ホーム
  • ご購入方法
  • カタログ
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • アンティークレッスン
  • ソレイユメンバーズルーム
  • 最新情報のお知らせ
商品詳細

Nestanebicheru ファイアンス ウシャブティ


アンティーク Nestanebicheru ファイアンス ウシャブティ


ウシャブティは立った人物の形をした小像で、通常細長い布で巻かれており(ミイラ)、道具や付属物を持っていることもある。小像に書かれた文にはその持ち 主の名前と称号が記されており、小像の役割(別の世界、死んだ場所で農作業をすること)を特定する死者の書 第6章により補われている。 最初の例は中期王朝(紀元前1991年-1786年、第12王朝)に現れた。これらはオシリスのミイラをモデルにして作られている。埋葬用召使いにはいく つかのアイデアが組み合わされている。階層的組織によって灌漑が管理されている、農業を基盤とする社会のイメージ。死者が生きられるようにするための実際 的あるいは象徴的な食料提供。 埋葬用召使いの歴史の概略 中期王朝。この時代のものはミイラの形をしており、王家の式文または死者の書の初版の 第6章が記されている。後に、特に第17王朝期(紀元前1630年‐1555年頃)には荒削りに切られた「棒」になっている。これはテーベ(上エジプト) の共同墓地に収められた。 新王朝(第18王朝、紀元前1555年‐1305年)。この時代にもまだミイラであり、道具とお守りを持ち、死者の書の第6章が刻まれている。外観は多様 になり、棺と小さな道具類が与えられている。これらは聖地(アビュドス、ギーザ…)に多く収められた。ラムセスの時代(第19および第20王朝、紀元前 1305年-1080年頃)のものは鍬を持っている。 その後の時代(紀元前1080年‐946年頃、第21王朝)には、型を使って大量に作られた(死者一人につき401体)。彼の仕事は「交渉の余地」があ り、これはウシェブティとなった。デイル・エル・バハリ(上エジプト)とタニス(下エジプト)の王達の墓に大量に埋葬された。次に、最初の姿を取り戻した 後(紀元前740年‐713年、第25王朝)、サイス期(紀元前664年‐525年)に最終的な形をとるようになった:台座の上に立ち、支柱にもたれかか るミイラ。あごひげがあり、笑っている。この外観はファラオの時代(クレオパトラ7世、紀元前51年‐紀元前30年)の終わりまで保たれた。
















 

Nestanebicheru ファイアンス ウシャブティ

税込価格 13,200€ =¥1,702,000

(為替による価格の変動について)

この作品の問い合わせ この作品のご予約
ご購入の流れよくあるご質問
国名
古代エジプト
年代
紀元前970年頃
素材
ファイアンス

ページトップ