• ホーム
  • ご購入方法
  • カタログ
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • アンティークレッスン
  • ソレイユメンバーズルーム
  • 最新情報のお知らせ
商品詳細

シャルル10世時代 シトリン クロス ペンダント




黄金色に輝く大粒の稀少なシトリンのクロスペンダント。

シャルル10世時代の作品で、4石のシトリンを贅沢に美しくブリオレットカットしており、
そっと手にひらに滑らせれば、ひんやりと冷たいシトリンの中で光が遊び、
存在感のある眩いオブジェの様な佇まいに心奪われます。

シトリンのアンティークジュエリーは、
シトリンとゴールドの組み合わせが多いですが、
こちらは、ターコイズがワンポイントに使われているのも珍しいですね、
補色の関係の黄色と青色で、相性の良い色合わせが、
ワンポイントとして全体を引き締めています。





中央の両面には、花のモチーフの装飾が施されています。

あくまで、大粒のシトリンを生かしたデザインで、
装飾は小さなワンポイントに抑えられています。

羊の頭のホールマークも打ち込まれてり、
1819年〜1838年の短い間に作られたことがわかります。



〜 このクロスペンダントと同年代のパリュール 〜

 

このクロスペンダントは、
当時の高品質なパリュールとして作られたうちのペンダントでしょう。

他にもティアラ、バングルやネックレス、ブローチ、ピアスなどと一緒に
一つのオリジナルボックスに納められた様子が目に浮かびます。。。

このジュエリーのオリジナルの持ち主が、舞踏会などに出かける時に
そっと選んで箱から取り出し、ドレスに合わせて身につけたことを想像すると胸が躍ります。




左 クロスモチーフのジュエリーを身につけた同時代の女性の肖像
右 このペンダントが作られた年代を生きた女流詩人ジョルジュ・サンドが、クロスのペンダントを身につけている肖像





シトリンは多面的にカットされ、
石を覗き込むとそれぞれのファセットが光を石の内側に
取り込んでいるような美しさ。





シトリンの厚みは1cmもあり、どの角度から見てもかなりのボリュームがあります。

バチカンにも繊細な金細工が施されています。

 



肌の上に乗せた写真





眩いばかりのシトリンが美しい高品質なシャルル10世時代のクロスペンダントです。

縦横の長さは、バランスが殆ど同じなので、宗教的なクロスが苦手な方にも
美しいジュエリーとして楽しんでいただけると思います。

 

作品動画




 

シャルル10世時代 シトリン クロス ペンダント

税込価格 4,320€ =¥571,000

(為替による価格の変動について)

この作品の問い合わせ この作品のご予約
ご購入の流れよくあるご質問
国名
フランス
年代
1819年〜1838年
素材
シトリン ターコイズ 天然真珠 18ct
サイズ
5,5cm×5,2cm 15,4g 
コンディション
素晴らしいコンディションです。
ホールマーク
本体に羊の頭のホールマークが打ち込まれています。

ページトップ